FC2ブログ

顔の脂が減った?

おはようございます。
今朝もすっきり大バナナうんちでございます。

昨日はオーディオ専用部屋で愛刀を愛でてございます。
久しぶりに柄を外して茎を持ちながら愛でてございました。

終戦間際の軍刀でございますので、
75年ほど経過する訳でございますが、
当方が入手するまでは、
ほとんど手入れはされていなかった様子でございます。

茎は御刀で唯一素手で触ることの出来る部位でございます。
むしろ積極的にベタベタと手脂を擦り込むように。

入手当初は鼻をはじめ顔中脂ぎってございましたので、
顔中の脂を擦り込んでいた訳でございます。

しかし最近は、
一食生活の影響や加齢の影響などで、
すっかり脂が減ってしまった様子でございます。

昨日は少なくなった顔脂をかき集めて、
丁寧に擦り込んでいた訳でございます。

失礼ながら正直あまり出来が良いと思える御刀ではございませんが、
敗戦間際にどの様な思いで打たれたのか?

茎に触れるといつもそれを想うのでございます。

早いもので離婚してからそろそろ7ヶ月でございます。
調停中でもございますので元妻とは全く連絡を取りません。
子どもたちがどうしてるのか、
まったく知るすべはございません。

まあ、
調停中で無くても全く教えては貰えませんが・・・

クリスマスに何かしてやれないか?
などと考えますが、
子どもたちももうその様な年齢でもありませんかね。
それに、
元妻にお金を託しても子どもたちの手には渡りませんし・・・

本日もよい一日でありますように。




自然光で愛でる

すだれ越しに良い感じで陽がさしてございます。
外は26、7度の様でございますが、
家の中は風が通り、
過ごしやすくてございます。

御刀は自然光で愛でるのも、
また良いものでございます。

201905051435528b6.jpg

傷なども容赦なくみえる訳でございますが、
それが本来の姿でもございます。

2019050514360131f.jpg

地鉄がおとなしいのもは大人しく、

2019050514361280d.jpg

変化に富んだ地鉄はより豊かにと、

いろいろな表情を魅せてくれます。

どちらかと言えば当方は、

電球で愛でるより自然光のそれが好きでございます。

柄巻き巻き直し其の一

気が向いたので柄巻きを巻き直そうかと、
準備いたしてございます。

20190430153013e41.jpg

素振りが出来れば良い訳でございます。
ちゃんと巻くスキルはございません。

2019043015295553b.jpg

三角のパーツは自家製の菱紙でございます。

20190430152943b8b.jpg

柄糸はずいぶん汚れてございますので、
洗って再利用いたします。
ただ、太くするのですから足りないかも知れません。

201904301529319e4.jpg

先日購入したセーム皮を巻きました。
革でございますので、
湿らせて巻けば縮んでしっかり巻けるかも、
などと期待してございます。

柄巻きなどは、
御刀を本格的に使う場合には、
分かっている方や専門の方に、
しっかりと巻いていただく必要がございます。
柄が割れたり、
刀身が飛んでいったりと言った、
非常に危険な事故に遭いかねませんので。

20190430152919cb4.jpg

物干し部屋で柄糸と一緒に干します。

晴れている日にすれば良かったでございましょうか。

取り敢えず巻いてみる

おはようございます。
さっそくセーム皮を試す準備でございます。

20190417070212f7a.jpg

取り敢えず帯状にカット。
巻くならぐるぐる巻いた方が丈夫だろうと。
柄を巻く部分が20センチ程でございますので、
切りよく5センチ巾の帯でございます。

201904170702239a9.jpg

実際は今の柄巻きを解いてから巻くつもりでございますが、
上から巻いて様子を見ます。
トータルの太さが何となく分かるはずです。

20190417070235ffd.jpg

握った感じは悪くないです。
かなり手触りの良い竹刀と言った感じでございましょうか。
そんなのがあるかどうか分かりませんが。
赤く染めてこのまま巻いても良いかな?
などと思ってしまったくらいでございます。

20190417070245eb1.jpg



毎朝素振りをいたしますので、
手汗の塩分が吹いているのか、カビているのか、
いい加減巻き直さねばとは思っていたのでございますが。

セーム皮はまだまだ残ってございます。

20190417070257915.jpg

スピーカーなどを拭く用に少し切り分けてみました。

貧乏性の当方は、
この程度の事で、
何だかずいぶん贅沢な気分になれます。


もう少し握りやすくしたい

愛刀の柄でございますが、
やはり細くて素振りがしにくいです。

IMG_3856.jpg

当方は手が小さい方ですがそれでも細く感じます。
購入時から拵えがボロボロでしたし、柄もガタガタでした。
柄糸もすぐに切れてしまいましたので素人修理をしています。
以前から赤鞘の御刀に憧れがございましたので、
この際赤くしてしまおうと楽しんでございました。

IMG_3857.jpg

こちらの愛刀の柄はやはり握りやすいです。

柄木を削る所からやり直せば良いのでしょうが、
そのようなスキルも持ち合わせていません。
何か丈夫なものでひと巻きしてから柄糸を巻けば良いのではないか?
などと思案中でございました。

いろいろ物色した中で、
大き目のセーム皮がお安かったのでオーダーしてみました。
皮であれば柄割れにも強そうですし、
滑り止めにもなりそうです。
また、菱紙のようなクッション性も期待できます。
そう言えば革製の柄糸などもありますね。

セーム皮は鹿革だけだと思っていたのでございますが、
羊や山羊の皮も使われるそうでございます。
今回オーダーしたセーム皮も説明の表記に、
「鹿革」とあったり「羊革」とあったりとよく分かりません。
が、おおむね評価は良いようでございました。

IMG_6977.jpg

先ほど届きましたセーム皮でございます。
説明には60センチ×90センチとありましたが、
一番幅がある所の寸法のようでございます。
当方の用途には充分な大きさでございます。
必要な大きさに切って使うも良し、
と言った感じでございます。

当方がこれまで使用しているセーム皮に比べると、
若干薄いようにも感じますが、
最も手触りが柔らかくもあります。
当方が購入した価格は845円でございました。

ただ、こちらの商品かなり臭います。
若干喉を刺激されるような臭いでもあります。
一度洗った方が良いのでしょうね。

さて、これをどう利用すべきか?
大きさは充分ですので失敗してもやり直しが出来そうです。

また楽しい時間を過ごせそうでございます。